臨床助手 倉林 賢慶

 私は、東海大学を卒業後、東海大学医学部付属病院で初期臨床研修を経て、リウマチ内科に入局し3年目になります。現在は、病棟での臨床を通じて、膠原病・リウマチ性疾患の患者と向き合っています。
 膠原病・リウマチ性疾患は,自己免疫疾患であり多臓器障害を特徴とする全身性の疾患です。よって、患者さんが一生つきあっていく病気であります。
 私は、学生の頃から膠原病・リウマチ性疾患に興味をもっていました。リウマチ内科は,非常に専門性の高い診療科でもあり,リウマチ科という専門科が無い病院も多い中、東海大学病院は日本リウマチ学会認定研修施設でもあり、これまで多くの日本リウマチ学会認定リウマチ専門医を養成してきた病院です。そういう意味では、自分の興味のあるリウマチ性疾患の学びの場および経験の蓄積の場としては申し分の無い環境であったということは言うまでもありません。
 教授はじめ、経験豊富で有名なリウマチ専門医に囲まれ、神奈川県のみならず全国的にも有名な大学病院の専門科で、非常に有意義な経験をさせてもらっていると感じています。
 膠原病・リウマチ性疾患は、早期診断・早期治療が鉄則です。治療のタイミングにより、患者の予後は左右されます。発症の原因や新たな治療法などの研究が、今もなお進行中の分野であるため、治療技術も日進月歩です。よって、将来性に満ちた、明るい科であるとも言えるでしょう。
 特に、大学病院でしかできない診療を多々経験できますが、まだまだ専門医の不足している診療科ですので、より多くの方々に専攻していただきたいと思います。全身性の疾患の学びを深めることで、幅広い臨床経験と研究の両立ができ、内科学全般における医療知識や技術を身につけることのできる科だと感じています。


臨床助手 佐々木 翔

 私は、東海大学を卒業後、東海大学医学部付属病院で初期臨床研修を経て、リウマチ内科に入局し3年目になります。現在は、病棟での臨床がメインです。
 もともと、内科系の診療科の入局を望んでおり、教授が膠原病・リウマチ性疾患の研究では全国的に有名だったこともあり、最終的にリウマチ内科に入局しました。
 東海大学病院の診療圏は神奈川県西部を中心とし、その他、横浜・川崎・静岡県東部にまで及びます。そのため、様々な膠原病・リウマチ性疾患を診ることができるのが大きな特徴です。
 入局してみて感じたことは、医局の雰囲気がとても良かったという事です。若干、医局の年齢層も高めのせいか、皆さん温和で落ち着いていて、非常に穏やかな空気が流れ、仕事がしやすい環境にあります。
 また、膠原病・リウマチ性疾患は、一生を通じて患者さんがつきあっていく全身性の疾患であるため、患者のメンタルケアも重要な領域になります。医師として、患者のメンタルにどのように寄り添い、ケアしていくべきかどうかは、先輩方の患者ケアを参考にしながら、自分なりに突き詰めていく必要があります。
 そういう意味では、有名なリウマチ専門医である先輩方の診療スタイルを毎日見ることができるので、先輩方の丁寧な診療を参考にでき、非常に勉強になることばかりです。よって、患者さんに寄り添う医療をめざす先生にはぴったりだと思います。
 リウマチ内科は、これから、様々な研究がより深まっていく診療科です。若い先生に多く入局していただき、より活気あふれる医局になることで、診療や研究を通じて、さらに医学に貢献できると感じています。是非、研修で一度選択していただけたらと思います。

東海大学医学部内科学系
TEL 0463-93-1121(代)
FAX 0463-93-723143
zu@is.icc.u-tokai.ac.jp
〒259-1193
神奈川県伊勢原市下槽屋143